教育ノウハウをみんなで自由に編集し合える!

【NOを使わない英語表現】 教育

昨日の大雨&雷はすごかったですね。
まだ紅葉が見れるかどうか微妙ですが、
散歩がてら見てこようと思います。
ちなみに、
紅葉を楽しもう!(見に行こう!)
これを英語では、
Let's enjoy the changing colors of autumn leaves!
と言います。
それでは、今日の使える英語表現です。
英語(日常英会話)力をつける方法は色々ありますが、
基本的には、まず使える簡単な英語表現を大量に
(といっても100〜200)覚えるのが有効です。
英語表現の中で、英単語を学び、英文法を学ぶ。
一石二鳥にも三鳥にもなります。
========
今は駄目
========
英語ではこれを
We'll see.
と表現します。
これは、100パーセント拒絶のNO!
とは違って、
「とりあえず、(今)は駄目」
というニュアンスですね。
日本語らしい英語、です。
「私は100%断ってはいないんだよ。」
つまり、今すぐにその頼みごとは
無理(NO)だけど、
様子を見てみよう!
という意味です。
仕事柄かもしれませんが、
私もよく使う英語表現です。
=========
応 用 編
=========
例えば、海外のレストランなどで
Would you like to have a bottle of wine?
と聞かれた場合、
今は要らないけれど、ひょっとしたら後で
お願いするかもしれないな...
そんな場合にも、We'll see.
が使えます。
他には、
Could I have dinner later?
でもOKです。
日本人特有の相手を気遣った表現方法、
語学をやればやるほど、以心伝心に感心します。
(英語にはこれがないような気がします。もちろん、
長く付き合っていれば大体は分かりますが。)
今回のような表現は英語でも使えると良いですね。
それでは、今回は以上です。
良い週末をお過ごしくださいね。
いつも最後まで読んでくれてありがとうございます。

90日で英語力を伸ばす方法(携帯版)
パイロットが教える英語上達メールセミナー

http://eigojuku.blog39.fc2.com/blog-entry-259.html

また、下記の方法もおすすめしています。
http://bit.ly/1GHJkRz

関連ノウハウ

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

この記事を通報する

ノウハウを書く