レーザーポインターの危ない使用方法について 其他


確かにレーザーポインターが引き起こした事故や事件が日本でもありましたが
でも、本当はすべてレーザーポインターのせいか?
実は、そのほぼ100%は明らかに間違った使い方による事故、若しくは悪意に満ちた事件なのです
さて、どの様な使い方は『レーザーポインターの危ない使用方法』なのか、今度は事例から解いて説明していきます。
1.レーザーポインターでの我慢比べ
確かにレーザーポインターの光は眩しいため、目に入る瞬間、人間は本能的に目蓋を閉じて被害を防げます、それに人間が反射的に目蓋を閉じるのは0.2秒左右と言われていますが基本的には問題は起こらないとされています。高出力のレーザーポインターの使いながら、レーザー保護メガネを掛けると何の問題もないとされています。
ポイント:レーザー保護メガネの通販なら【rezapointa】へ
通販ページ:http://www.rezapointa.com/safety-goggles/c-20.html
そしてその小学生の間では、レーザーポインターを間近で直視して何秒間目を閉じないでいられるかの争い、いわゆる『我慢比べ』的な遊びも流行った様です。
結果的に「我慢強かった」小学生が案外に網膜に大きな消えない損傷を受けてしまったのです
だから、レーザーポインターが小学生が届かないところに置くべきです
もちろん、今ガチャガチャ売られている安いレーザーポインターが一杯ある、玩具っぽくて安全保障がないです
こんなレーザーポインターもご購入しないほうがいいと思います
ちなみに安全安心で保障できるレーザーポインターが買えるレーザー製品直売店【rezapointa】を皆さんに紹介したいです
2.レーザーポインターで他人の目を狙った嫌がらせ
レーザーポインターを何度も眼に射されると、眩しいと言うことだけでなく苛立つち募ります
スポーツの試合中に相手チームを邪魔する為に、選手の目を狙ってレーザーポインターを照射する事件もあります
レーザーポインターで他人の目を狙った嫌がらせ
3. レーザーポインターで動物に嫌がらせ
レーザーポインターに対し、動物も人間と同じ様に感じます。
注意事項
☆人や動物に向けて照射しないでください。
☆他人の住居や会社に向けて照射する等、人の迷惑かけるような行為はしないで下さい。
☆車や飛行機といった乗り物に向けて照射しないでください。
☆必ず幼い子供の手の届かない場所に置いてください。万が一のため、子供には触らせないで下さい。
☆使用しない時には電池を抜いて下さい。
☆レーザーポインターの使用は自己責任でお願いします。当方では一切の責任を負えません。
参考サイト:http://www.rezapointa.com/know_how_show.html?nid=132

キーワード
レーザーポインター

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

FC2ID新規登録

ログイン

▲ PageTop