無料期間後Windows 10に無料でアップグレードする方法 电脑・网络

無料期間が過ぎても、Windows 10に無料でアップグレードしたい

2016年7月29日がWindows 10無償アップグレードの締め切りです。Windows 10無償アップグレード終了したから既に一週間ほど経ちました。無料アップグレードのチャンスを逃して、いまさらWindows 10に無料でアップグレードして置けばよかったと思う人は結構いますね。しかし、無料期間が過ぎても無料でWindows 8.1/8/7からWindows 10にアップグレードすることは一体できるでしょうか。
はい、無料期間が過ぎても無料でWindows 8.1/8/7からWindows 10にアップグレードできます!今日は皆さんに、幾つかの方法を紹介いたします。

ヒント:アップグレード前にシステムと大事なデータをバックアップしておく
アップグレードを行う前、システムと大事なデータをバックアップしておくのを強くお薦めします。それは、万が一アップグレードする時エラーが起こっても、既にバックアップを取っておきましたから、データの紛失はありません。ここは、バックアップソフトEaseUS Todo Backupを皆さんにお薦めします。システムと大事なデータをワンクリックでバックアップできます。無料版で体験することはできますので、一度試してみてはいかがでしょうか。http://jp.easeus.com/backup-software/free.html

無料でWindows 8.1/8/7からWindows 10にアップグレードする

システムと大事なデータをバックアップしておいたら、下記の方法を試して、無料でWindows 10にアップグレードしてみましょう!

方法一:assistive technologyプロバイダーからWindows 10アップデートをゲットする(Microsoft提供)
assistive technologiesを利用している方は、マイクロのポリシーによりますと、まだWindows 10に無料アップグレードできます。それは、Windows 10との互換性を確認するためです。
assistive technologiesユーザーなら、今すぐWindows 10に無料アップグレードしましょう。
方法二:システムクロックを変えてからWindows 10にアップグレードする(WinBeta提供)
ギックなどのパソコン達人によりますと、システムクロックを2016年7月29日前の時点に調整したら、Windows 10への無料アップグレードがまた可能となります。
システムクロックを7月28日或いはもっと前の時点に調整します。
アップグレード催促ウィンドウを再アクティブして、アップグレードを開始させます。
Windows 10アップデートをダウンロードしてからインストールします。
しかし、システムクロックを変えるのはあくまでもバッグを利用するこどなので、いつかマイクロに封じられて使えなくなるかもしれません。
方法三:Windows 10リカバリイメージを利用して無料アップグレードを行う(EaseUS提供)
バックアップソフトEaseUS Todo Backupを利用して、まずは別のWindows 10インストール済みのパソコンでWindows 10システムイメージを取ったから、現在のパソコンで再度インストールすることでWindows 10への無料アップグレードも実現できます。
EaseUS Todo Backupを使って、別のパソコンでWindows 10のシステムイメージバックアップを作成します。
今のアップグレードしたいパソコンでEaseUS Todo Backupをダウンロードし、インストールします。
システムイメージを保存するディスク或いはドライブを今のパソコンに挿入します。
EaseUS Todo Backupを運行して、システムイメージをパソコンで復元します。
cドライブをシステムドライブと指定して、Windows 10をインストールします。
キーワード
Windows10
win10アップデート

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

FC2ID新規登録

ログイン

▲ PageTop