誰もが使いやすい音声デジタルウオッチ 其他

スポーツシーンにもフィットするデザインと機能
11年ぶりに刷新されたセイコーの音声デジタルウオッチ。新型では、視覚障害者だけでなく、年齢や能力に関係なく幅広い人々のニーズを反映するインクルーシブデザインの考え方に基づき、誰もが使いやすいウオッチとなった。
セイコーの視覚障害者向け時計の開発の歴史は1939(昭和14)年までさかのぼる。戦時中に負傷した軍人将校のために開閉する蓋を設けた堤時計タイプの針に触ることで時間がわかる触読時計を開発、提供したことに始まる。
その後1966年には初の腕時計タイプの触読時計、1979年には世界初のクオーツ式腕時計タイプの触読時計、そして1998年には初の音声デジタルウオッチが発売された。中でも音声デジタルウオッチは、ボタンを押すだけで音声が流れ、簡単に時間がわかる時計として多くの人に使用されている。
開発を前にセイコーでは視覚障害者団体へのヒアリングを実施。ブラインドマラソンやウォーキングなどのスポーツを楽しむ人が多いことから腕なじみの良いシリコンバンドを採用したモデルもラインアップに追加。スポーツシーンにもフィットする機能とデザインが与えられた。
http://www.supakopitokei.com/franckmuller_copy86.html
さらに「おしゃれで使いやすい時計を着けたい」というリクエストに応え、現代的でシンプルな円錐形のケースに変更。また4時位置に溝を設けてスピークボタンを判別しやすく、それ以外のボタンにはガードを設けて誤作動を防止する仕様に改良された。
これらの点が評価され、音声デジタルウオッチは2020年度グッドデザイン賞も受賞している。
またアラームやストップウオッチ機能も搭載。もちろん、アラーム時刻やストップウオッチの経過時間なども音声で認識可能。時刻修正を行う際も、音声で案内する機能が備わっている。

キーワード
ランクミュラー

このノウハウを評価する

評価、コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

コメントを見る

コメントするにはサービスに登録してください。

サービス登録をする

FC2ID新規登録

ログイン

▲ PageTop